北原白秋ゆかりの文学の香りがする酒蔵 柳川が生んだ日本を代表する詩人、北原白秋は日本酒「菊美人」を呑み、気分が乗ってくると、詩歌を筆ですらすらと書いたという。江戸時代の1735年に創業した菊美人酒造(福岡県みやま市瀬高町)には、白秋直筆の書や詩歌などが数多く残る。文学の香りがする酒蔵だ。
白秋の実姉が嫁いだ菊美人 「菊美人」のラベルの文字は、白秋が書いたものである。蔵には、3つの「菊美人」の墨書が残っている。白秋の実の姉、加代さんが菊美人酒造の先々代の社長、江崎喜三郎氏の妻。「加代おばあちゃんが亡くなったのが93歳。私が中学生のころまでは、一緒に暮らしていました」と、蔵元の江崎俊介さん(福岡県酒造組合会長)は懐かしむ。
北原白秋ゆかりの文学の香りがする蔵は、これからも地元に寄り添いながら、しっかりした味の日本酒を売っていく。

【菊美人酒造】秋の純米 ひやおろし 720ml

新酒の荒々しさがきえ、ほどよく熟成された、まろやかな味わい。

やや辛口で豊かな旨みとふくらみをもつ「ひやおろし」が

飲み頃を迎えました。


詩人、北原白秋が愛飲した菊美人。


冷や・ぬる燗がおすすめです。


ラベルの題字は、白秋直筆のものです。

秋の夜長にほんのりと、白秋の秋の詩を思い浮かべながら

一杯いかがでしょう


 


原材料名 米(福岡県産)・米こうじ(福岡県産米)

原料米 夢一献

精米歩合 60%

アルコール度数 15度

日本酒度+4
 

1,320円(税込)

この商品についてのレビュー
レビューを書く

レビューはまだありません

最近チェックした商品